2001年11月の思い出
いたち風呂   (2001.11.30)

なんか、病みつきになりそう。いたちと一緒にお・ふ・ろ。
今日は、さとちゃんと、もっちと、しょうゆと私で入りました。まず、さとちゃんがお風呂に入り、湯船につかる。私が、フェレをお風呂に連れて行き洗い場に入れる。私が裸になってお風呂に入る。それまでは洗い場にフェレはいます。私がお風呂に入りフェレを洗う。フェレを洗ったら、さとちゃんが湯船から出てきて洗い場で体を洗う。同時に私がフェレと一緒に湯船につかる。さとちゃんが体を洗い終わると、私が湯船から出てきて身体を洗う。その間、フェレはさとちゃんと湯船につかっています。さとちゃん、一足先にお風呂から出てパジャマに着替える。着替え終わったら、湯船にいるフェレを引き取る。その後、私が体を洗ってまた湯船につかって、お湯をおとしてお掃除する。

すばらしき連携プレー!!


インフルエンザの予防注射   (2001.11.28)

・・といっても、フェレットの注射でなくて、人間の子供たちの予防注射のことです。
これまでにも毎年、インフルエンザの注射は打っていました。
ひとり、2回うって、5000円ほど。昔は公費でやっていたのに、今は任意接種です。

フェレットにインフルエンザって移ると本で読みました。また、この前に行った動物病院でも言っておられたなぁ。

今年は子ども達の健康のためと、もっちとしょうゆにインフルエンザの危険が少しでも少なくなるためという2つの目的があって、例年より5000円が有意義なものとなりました。

でも親は打っていないんだよな。インフルエンザ流行しませんように。。


改めて気付いたこと   (2001.11.27)

私の仕事、今、自宅待機になっているので、子どもが学校から帰ってきた時に家にいることが多くなった。今日も、みつるんが帰ってきたとたん、まず第一声が、「もっちー。寝てるんかぁー。どうしてるぅー。」だった。

ペットっていいなぁと思う。自分よりかよわいものをいとおしむ気持ちが彼に芽生えていることに改めて気付く。

こんなことを、ひとしきり考えていたあと、ふと部屋の隅っこを見てみたら、あららー、う○ちが、トイレ以外の場所に・・・。誰だぁ、外したのは・・。ま、たまのことだから、許してあげよう。


くーちゃんままと話す  (2001.11.26)

くーちゃんままから電話があった。くーちゃんは、ミスティックの9月生まれのフェレットちゃん。私がフェレットを飼い始めたのに触発されて、フェレット飼いになった方。といっても、私が飼うよりずっと前から、欲しいとは思っていたようですが。チョッと前にも便に少し粘液状の血が混じっていたり、ヒーターやトイレのこととかでいろいろ質問を受けていて、初心者の私にはとても答えられるはずもなく、ネットを通じていろいろと情報を得たりしていた。

その後、便はほとんど正常になったとのこと。ただ、トイレは紙のシートも食べるし、トイレ砂も食べるし、ほとほと困っているようだ。それと、噛み癖についてもいよいよ歯も生え変わってちゃんとしつけをしないといけないと決意した様子。うちのもっちとしょうゆは、預かった時から誤食や噛み癖は全くなかったのでなんのアドバイスも出来ず、「がんばってねぇ」としかいえないのがもどかしい。くーちゃんままは、今度行く時は、絶対にまゆちゅちゅさんに教えてもらった病院へ行こうと思っているらしい。ペットショップで紹介してもらった獣医さんには、あまり良い印象がなかったようだ。私も、予防接種した病院からまゆちゅちゅさん&フェレットショップのピュアさん推薦の藤沢台病院に変えようかな。この前の病院、とても良い病院だったけれど、お代が少し高めのようだから。病院によって値段がずいぶん違うということも、まゆちゅちゅさんにきくまで、実感としてよくわかっていなかった。

ベビーだったくーちゃん、とっても大きくなっているそうだ。しばらくぶりにまた、見に行ってみたいものだ。ペットの輪のくーちゃんの写真も差し替えた方がいいかもね。


フィラリアの薬   (2001.11.25)

この前、注射をしてから約1ヶ月がたった。あの時、同時にフィラリアの薬も処方してもらったが確か11月と12月も薬を飲むようにと言われたことを思い出す。いっぺんに薬を処方しましょうかと言われたが、お金が足らずまたにしますと言って帰ってきたのだった。ということは、そろそろフィラリアの薬をもらいにいかなければならないということになる。

しかし、もうどこにも蚊は飛んでいないように思うのだけど。。
そんなに飲まないといけないのかしら?念のために予防しておいたほうがいいのかな。

他の人はどうしているのかな。ネット仲間に聞いてみるべきか・・・。


お風呂の間隔  (2001.11.24)

この前お風呂に入れてからもうすぐ1週間。お風呂に入れてすぐは、フェレットもいいにおい。だけど、だんだんにおいが出てくる。毎日一緒に生活していると、それほど気になる匂いでもないが、他人から見たらやっぱりにおうのだろうな。

これから寒くなるけれど夏と同じようにお風呂入れていてOKなのかしら。
この前は、同じ湯船につかって、面白かった。そろそろまたお風呂入れてもいいのかな。
あまり入れすぎると皮膚炎になったりすることもあると本に書いてあったし、しばらくお預けj!!


一緒に、いい湯だなぁ〜〜!!   (2001.11.21)

やってみました。昨日、FAXを家族で読んで、皆の意見が一致!!いたちちゃんとお風呂なんて、これは経験しておかねばなるまい。と。

だんなはいやがるかと思ったのですが、案外乗り気。それじゃ、ということになり、家族4人+2フェレで、お風呂に入ってしまいました。教えてもらった手順どおり(昨日の日記参照)にやってみました。

そうしたら、今まで衣装ケースでお風呂をしていた時とは違い、とってもとっても気持ちよさそうにお風呂に入るではありませんか。確かに衣装ケースの時も、泳いでそれなりに気持ちよさそうだったけど、何度もケースから出ようとして暴れたりしていたりもした。今回、湯船に入れてみたら、いつまでも入っていたそう。赤ちゃんを抱っこしているようにして入れてやると、ポヤーンとした表情で、体勢はらっこのようです。はじめは引っかかれるのではないかと危惧していましたが、全くそのようなことはなく驚きました。

衣装ケースでお風呂に入れるより、かえって楽だし、もっちとしょうゆにとってもその方が、嬉しそうです。

お風呂から上がってきて、耳掃除をしたらいっぱい耳垢が出てきました。


フランスからのFAX続報・(お風呂&海水浴)   (2001.11.20)

合計5枚のファックスのうち、5枚目だけが昨日どうしても受信できなかった。
今日、仕事から帰ってきたら、5枚目のFAXがきていた。
わくわくして、昨日の続きを読む。
2つの驚くべき事実が・・・。

(1)前回のFAXにて、一緒に夫人がお風呂に入っていたということは知っていたが、お風呂の入り方が説明されていた。それによると、まず、身体を外で洗ってやり、洗面器にお湯をためて作っておいた「いたち風呂」に入れる。水になれたところで、そっと抱いてやり、自分の身体にぴったりくっつけると怖がることなくリラックスして、気持ちよさそうにするでしょう。と書いてありました。

(2)もっちは海水浴をしたことがある!!。牧師夫人と海水浴を楽しんだことがあるそうです。沖の方まで一緒に泳いだとか!!。今までにいろいろなフェレットを飼っている人のHPを見てきましたが、海水浴を一緒にしたり、一緒にお風呂に入ったりした人を私は知りません。

家族中で驚きFAXを奪い合うようにして見ました。

そ・れ・で・、私達も、いざ体験。「いたちと一緒にお風呂に入る」の巻は明日の日記にて〜〜。


フランスの牧師夫妻から連絡があった!!   (2001.11.19)

FAXと電話で連絡をいただけました。
実は、数日前に牧師先生からメールがあって、フェレットのHPのURLを教えてくださいとあったので、もしかしたら、見ていただけるのかもと期待していました。
現地でパソコンをすられてしまい、パソコンが手元にない状態だと聞いていたので、どうなのかなと思っていたのですが、インターネットセンター(ネットカフェのようなものなのかしら?)で1時間540円という高料金をはらって、日本の方との連絡・ニュースを見たりされているそうなのです。

お二人でこのサイトをご覧になったようで、感激のFAXをもらいました。

これまで知らなかったことがずいぶんありました。
■まず、夫人はフェレット飼いの達人!!
私は、きなこともっちとしょうゆの3匹がこれまで夫人が飼ってらっしゃった、いたちちゃんの全てだと思っていたのですが、その前にミルーという名前のフェレを飼っていたとのことです。9年もの長生きだったそう。当時はまだ珍しい生き物だったそうです。今でも珍しいペットだと思うけどね。

■ふーたろうままさんも知らない事実。もっちは迷子じゃなかった!!
フランスへ旅立つ前に、確かに行方知れずになったそうなのですが、衣服の中から出てきていたそうらしい。ふーたろうままさんにはその事を知らせていなかったので、私もふーたろうままさんから、聞いててっきり迷子フェレになったと思い込んでいました。私が一気に3匹も預かるのは大変だろうという配慮から、教会近くの夫人が親しくされている方のもとで、お預りになっているということがFAXにてわかりました。

あーよかった。ほっとしました。今度ふーたろうままさんにもその事をお伝えしておこう。

教会員のお一人が、毎日朝にわんちゃんを散歩させている時に、教会のまわりに、犬でもねこでもなさそうな、フンが落ちている。迷子になっているフェレットかプレーリードッグ(夫人はプレーリードッグも飼っていてそれは迷子になったそうなのです)のふんじゃないだろうか。という話もきいていたので、それはきなこちゃんに違いないと思い込んでいました。

夫人は、この日記も読んでくださったようです。遠く離れた地で、残してきたフェレットの様子をお知らせすることが出来て、私もとても嬉しい気持ちになりました。

日記、がんばるぞ!! もっちとしょうゆは毎日、何かしら楽しい出来事をもたらしてくれて、書く材料に困るということがないのが、とても嬉しいです。


もっちを踏んじゃった   (2001.11.17)

今日、ふと後ろにいたもっちを踏んでしまった。
むぎゅって感じで。。
心なしかしばらく元気がないように思えて、ちょっと心配した。
昼ねの後は、元気だったので安心しました。


フェイント・トイレ   (2001.11.15)

トイレのにおいをフンフン嗅いで、くるっと回れ右、ひょこひょことバック、それがフェレットのトイレのしぐさ。
ところが、全く同じように動いているのに、だまされているのか、トイレをしない場合がある。これは、フェイントをかけられているのだろうか。


続・美容院で聞いてきた話  (2001.11.13)

美容院の迷い子フェレのふーたろう君(ふーちゃん)は、よく散歩をしているそうです。
それもハンパな距離ではありません。1km以上はありそうなコースです。とても喜んでいくそうです(はじめはそうでもなかったらしいが)。一緒に暮らしているわんちゃんが散歩に行くというと、自分もケージから出せ出せコールがあるそうです。
いつも同じコースを行くので覚えているらしいのですが、ある日、散歩途中にいなくなってしまったそう。途中、大きな国道もあるし、かえってこれないかも、事故にあっているかも、とあきらめていたところ、3日後に、帰還したとのこと。すごいー。私も話を聞いてびっくりしました。おなかはペコペコで戻ってきたんだって。

もっちがこの前、教会へ連れて行ったとき、牧師館のドアをすりすりしていたのも道理です。
覚えているんだわー。やっぱり。

それから、ショックなことを聞いてしまいました。
うちにくるはずだった、きなこちゃん。私が預かる2,3日前に牧師館からいなくなったって、美容院のふーたろうままさんは、牧師夫人から聞いたっていうんです。
えー、どこかに預かってもらっているんじゃなくて、迷子になっていたなんて。。。
ショックな話でした。


美容院で聞いたおもしろくためになる話  (2001.11.12)

美容院にいるふーちゃんは迷い子だったそうだ。だから、来た時はとても警戒していて、家族全員が噛まれたそう。ふーちゃんのママさんは美容師だから、当然指のけがは致命的になる。それで、手袋をしてお世話をしていたそうだ。しばらくして、お客さんにその話をすると、フェレットは賢くて、相手が怖がっている、警戒しているというのをすごく察知できる動物だ。噛まれないようにしたいのなら、手袋を外しなさい。と。

それから、ふーちゃんのママさんは手袋を外したそうだ。それが、今噛まなくなった大きな原因だと思うとの事。なるほど、と思った。

もうひとつのおもしろい話とショックな話はあ・し・た


教会近くの美容院にて   (2001.11.11)

今日、礼拝の後、教会の近くの美容院へフェレットを見に行った。
うちのフェレットを預かる時に、牧師夫人から紹介はされていたのだが、
実際、ゆっくりお話するのは、はじめて。
何度か、お店のドアのところまでは行ってはいたのだが、いつも御客さんが
いるので、あきらめていた。
今日も、どうかなぁって思いながら娘といってみたら、誰もお客さんがいなかったので
「こんにちは」って入っていった。

「あー、○○ちゃん(牧師夫人の名前)のフェレット預かっている方」と覚えてくださって
いて、しばらくの間、おしゃべりしてしまった。

そこのフェレは「ふーちゃん(ふうたろう)」という。
迷子フェレだったそうだ。警察にも届けたが、名乗りをあげる人はいずわが子となった。

いろいろな面白いお話を聞けた。同時にちょっとショックなことも。
あしたのお楽しみだよーん。


クラシック好きなもっち   (2001.11.10)

子供が学校の宿題のたて笛をふいていたら、もっちが
すごい勢いで向こうの方から走ってきました。
それで、ふいている子供の前に座って、じっと耳をすまして
いるんです。

ためしに、クラシックのCDをかけてみたら、
プレイヤーの近くで、またまたおすわりして、
じっと聞きほれています。その時の表情は、いつもの
表情とは違って、本当に集中している時の顔なんです。

さすが、ドイツの神学者(フィニー)の名前だったもっち
だけのことはあります。なんか高尚な趣味を持っているようです。

ただ、子供たちのピアノの音には全く無関心。
美しい音色じゃないと反応しないのかな。


もっちのすごいところ   (2001.11.08)

もっちにテニスボールを与えてみたところ、
前足で押さえて、おなかにはさみ、ひたすらバックするのです。
面白い面白い。大うけです。
こんな芸が出来るなんて。

それから、主人が帰ってくると、放し飼いになっていたら
必ず、主人のところに、寄って行くんです。
まるで、おかえりっていっているようです。

あー、かわいい。


フェレにヒーターは必要か   (2001.11.05)

くーちゃんままから電話があった。
いろいろベビーフェレットを迎えてわからないことだらけらしい。
私もさほどの知識がまだあるわけでもなく、フェレのBBSで聞いてみることにする。
新しいペットを迎えると大変だ。
くーちゃんままは、でもとってもペットが好きなので、一生懸命だ。
力になってあげたいな・・。


この頃トイレを外される   (2001.11.04)

時々、設置してあるトイレのすぐ脇にウンチをしてしまうみたいだ。
決定的瞬間を見ていないのでどっちの仕業かは、わからない。

今日、ファンヒーターを出した。まだつけていないけれど。
もしつけたら、熱風のところにフェレはいかないのかな。
ドライヤーもきらいみたいだから大丈夫かなって思っているけど。
危ない事態になったらどうしよう。


オフ会中止  (2001.11.03)

残念。まゆちゅちゅさんに教えてもらってワクワクしていたのですが、
雨じゃ公園には集まれないものね。
野球も休みなので実家にフェレ連れで遊びに行きました。
帰りに実家近くのフェレ専門店「ピュア」さんにおじゃま。
毛玉とりとおやつ(ガム)を購入。

おじいちゃんは初めてフェレと対面。こりゃなんだって感じ。
くさいなぁ。と言われてしまった。

確かににおいはするもんね。でもなれるけど。ね


しょうゆの悪知恵   (2001.11.02)

まゆちゅちゅさんにもらったおやつ(ガム)をあげてみた。2回目だったのだが
今回はとても面白いことが起きた。

一人1本ずつあげたのだが、しょうゆ!! 自分の分はスーパーの袋に隠して
もっちがのんびり食べようと思っているところに走っていって、奪おうとしている。
あらあら、しょうゆのガムはあっちよ。と、スーパーの袋から出してきてそばに
おいてやったら、また、それをくわえて、スーパーの袋に隠しに行く。何度やっても
同じ。まず自分の分はよそに確保しておいて、もっちのぶんを横取りしようと
たくらんでいるようでした。あまりにおかしくてしばらくウォッチング。

フェレットってかしこいんだなぁ。
おやつ(ガム)を食べるもっちの写真


あらら、そんなものがお気に入り?   (2001.11.01)

洗濯物を入れておくかごの中にある洗濯ネット。
気に入ったらしいです。
その中で2匹なかよくおねんね。
ま、いいか。


build by HL-imgdiary Ver.1.25